選挙演説の言語学

東照二 著

どうしたら、聴衆を惹きつける演説ができるのだろうか-。本書は、政治の本質ともいえる「ことば」の観点から、今日の日本政治を見直す。2009年8月の衆議院議員総選挙前における選挙演説をケース・スタディに、さらにレーガン、オバマらとの比較も交えて「選挙演説」の実態を調査、分析した「政治家たちはかく戦えり」の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いざ出陣!-ウチに留まるか、ソトに広がるか(なぜ自民党は惨敗したのか?
  • 自民党・野田聖子と民主党・馬淵澄夫
  • 力強くフォーマルな野田陣営
  • 聞き手を意識する馬淵陣営
  • 語彙の頻度調査から)
  • 第2章 ことばを失った党首たち(「日本を守らにゃいかん」-麻生太郎
  • 「皆さま方のお暮らし」-鳩山由紀夫
  • 麻生・鳩山、何が違うのか)
  • 第3章 ベテランたちの模索(単調なリポート・トーク-菅義偉
  • 「お金は天から降ってきません」-舛添要一
  • いけいけ、どんどん-赤松広隆
  • 「私たちの魂がこもっているんです」-岡田克也
  • 勇気を与える-小泉純一郎)
  • 第4章 新人政治家たちの苦闘(「シズラー」とステーキ
  • 自分を売り込むリポート・トーク-渡嘉敷奈緒美
  • 小さな体で、がんばっています-田中美絵子
  • 「高校生のみんな、がんばります」-小泉進次郎
  • 「いろんな分野で活動してまいりました」-盛山正仁
  • スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツ)
  • 第5章 聞き手中心のラポート・トーク(人を惹きつけない演説
  • SHARP-五つのポイント
  • ロナルド・レーガンの疑問文
  • オバマ大統領-生徒たちに語りかける)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 選挙演説の言語学
著作者等 東 照二
書名ヨミ センキョ エンゼツ ノ ゲンゴガク
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.6
ページ数 253, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05781-8
NCID BB02168237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21779452
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想