原敬 : 日本政党政治の原点

季武嘉也 著

本書は、"時代"に翻弄され浮沈をくり返しながらも、自分の手で"時代"を創っていった原敬の生涯を、わかりやすく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「未来」と「現実」の調和
  • 1 賊軍・貧困・流転(零落する貴公子
  • 苦学、そしてキリスト教
  • 賄征伐事件
  • 冷めた民権理論家
  • 地方に目を向けよ
  • 未来を見据えて
  • 官界を流転)
  • 2 「今日主義者」原敬(「獅子身中の虫」-陸奥宗光との出会い
  • 立憲政友会結成
  • 積極主義と政党改良
  • 「情意統合」
  • 「今日主義者」)
  • 3 分水嶺に立ちて(原と山県有朋
  • 普通選挙法案をめぐって
  • 積極主義のゆくえ
  • 戦後国際秩序と原内閣
  • 原の遺書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原敬 : 日本政党政治の原点
著作者等 季武 嘉也
李武 嘉也
書名ヨミ ハラ タカシ : ニホン セイトウ セイジ ノ ゲンテン
シリーズ名 日本史リブレット 人 094
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.5
ページ数 87p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54894-7
NCID BB02164622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21782036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想