凍える帝国 : 八甲田山雪中行軍遭難事件の民俗誌

丸山泰明 著

日露戦争開戦前夜の一九〇二年。青森県・八甲田山で起こった雪中行軍遭難事件(死者百九十九人)は当時の社会に驚愕と悲嘆を巻き起こすと同時に、惨事への好奇のまなざしを生成し美談をも生み出していった。死者はどのように慰霊・顕彰されたのか。そしてこの未曾有の出来事の記憶は誰によって編集されていったのか。新聞報道や防衛省所蔵の公文書、聞き取り調査などからその経緯を丹念に追い、大日本帝国の形成期を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 雪中行軍の歴史的背景と遭難の衝撃
  • 第2章 陸軍と政府の対応、地域社会の反応
  • 第3章 惨事への好奇心-見世物から映画へ
  • 第4章 美談のイコノグラフィ
  • 第5章 仮死の記念碑
  • 第6章 遠い靖国
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凍える帝国 : 八甲田山雪中行軍遭難事件の民俗誌
著作者等 丸山 泰明
書名ヨミ コゴエル テイコク : ハッコウダサン セッチュウ コウグン ソウナン ジケン ノ ミンゾクシ
シリーズ名 越境する近代 9
出版元 青弓社
刊行年月 2010.5
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7872-2038-7
NCID BB0213428X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21774542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想