坂東玉三郎 : 歌舞伎座立女形への道

中川右介 著

不世出の女形、六代目歌右衛門が劇界に君臨する一九七〇年代、類稀な美を煌めかせ、五代目玉三郎は現れた。三島由紀夫らに見出された彼は、目映い美貌とその才能で、大衆から熱狂的な支持を得る。一方。女帝・歌右衛門をなお「至高」と讃える劇評家たちは、玉三郎を酷評し、女帝も彼を拒絶し続けた。かつて伝統と秩序の中で疎んじられた玉三郎は、いま立女形として劇界の頂点にいる。これは未曾有の奇跡なのだ。彼はいかにして歌舞伎座のトップに上りつめたか-。葛藤と相克の四十年。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 玉三郎と三島由紀夫-莟の花の発見〜一九七〇年(澁澤龍彦の玉三郎「発見」
  • 国立劇場と歌舞伎座 ほか)
  • 第2章 玉三郎と守田勘彌-深謀遠慮の時期一九七〇〜七五年(海老玉として売り出す
  • 守田勘彌家の歴史 ほか)
  • 第3章 玉三郎と歌右衛門-立ち塞がる女帝一九七五〜八五年(第一節桜姫-一九七五年
  • 第二節シェイクスピアと泉鏡花と三島由紀夫-一九七六〜七八年 ほか)
  • 第4章 玉三郎とさまざまな世界-歌舞伎を越えて一九八六〜二〇〇一年(歌舞伎と新派以外の玉三郎
  • クラシック音楽とバレエと玉三郎 ほか)
  • エピローグ 歌舞伎座さよなら公演-あるいは御家再興二〇〇九〜一〇年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 坂東玉三郎 : 歌舞伎座立女形への道
著作者等 中川 右介
書名ヨミ バンドウ タマサブロウ : カブキザ タテオヤマ エノ ミチ
書名別名 Bando tamasaburo
シリーズ名 幻冬舎新書 169
出版元 幻冬舎
刊行年月 2010.5
ページ数 339p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98170-6
NCID BB02127080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21836792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想