縄文時代の考古学  1

小杉康, 谷口康浩, 西田泰民, 水ノ江和同, 矢野健一 編

新進の研究者を結集して過去・現在の研究成果を検証し、将来的展望をみすえつつ縄文研究の新地平を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(縄文時代概念の基本的問題)
  • 2 歴史観の学史的検討(縄文時代観の形成
  • 縄文文化と日本文化)
  • 3 時代区分の問題(縄文時代の開始-「草創期」再考
  • 縄文時代の終末
  • 縄文文化の段階区分)
  • 4 縄文文化の相対化(縄文文化と東アジア
  • 縄文文化と東北アジア
  • 縄文文化の東と西
  • 続縄文文化と縄文文化
  • 南島文化と縄文文化
  • 世界の狩猟採集民研究からみた縄文文化-とくに北米考古学の視点から
  • 東南アジア先史社会研究と縄文時代研究との接点-縄文と弥生の移行期のできごと
  • 縄文文化とアイヌ文化
  • 縄文文化と北米北西海岸民文化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文時代の考古学
著作者等 小杉 康
水ノ江 和同
矢野 健一
西田 泰民
谷口 康浩
書名ヨミ ジョウモン ジダイ ノ コウコガク
書名別名 縄文文化の輪郭 : 比較文化論による相対化
巻冊次 1
出版元 同成社
刊行年月 2010.6
ページ数 242p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88621-508-6
NCID BB02119402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想