芽吹きはじめたファンタジー

中野節子, 水井雅子, 吉井紀子 著

児童文学の王国進化の謎に迫る。第2巻は、ヴィクトリア朝とその前後。シャーウッドからキャロルを経て、キプリングまでの約1世紀。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芽吹きはじめたファンタジー-ヴィクトリア朝とその前後
  • 1814『幼子ヘンリーとその召使』-御用作家からの脱却をめざして メアリ・マーサ・シャーウッド
  • 1855『自然寓話集』-ヨークシャーの英国国教会のサロンのなかで マーガレット・ギャティ
  • 1865『不思議の国のアリス』-オックスフォードで生まれたノンセンス ルイス・キャロル
  • 1879「ジャカネイプス」-ヴィクトリア朝を代表する家庭物語の完成者 ジュリアーナ・ホレイシア・ユーイング
  • 1901『キム』-ヴィクトリア朝と現代をつないで ラドヤード・キプリング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芽吹きはじめたファンタジー
著作者等 中野 節子
吉井 紀子
水井 雅子
書名ヨミ メブキハジメタ ファンタジー
書名別名 Mebukihajimeta fantaji
シリーズ名 作品を読んで考えるイギリス児童文学講座 2
出版元 JULA出版局
刊行年月 2010.4
ページ数 242, 13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88284-224-8
NCID BB02070121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21766943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想