馬英九と陳水扁 : 台湾の動向2003~2009.3

中川昌郎 著

日本にとって、台湾は重要かつ微妙な存在である。台湾の政治・社会・経済を研究してきた著者が、最近六年間余り、台湾の動向研究をまとめた本書は、台湾の実像を知り、明日の台湾を展望する上での好資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 二〇〇三年・住民投票への期待
  • 第2部 二〇〇四年・僅差当選の影響
  • 第3部 二〇〇五年・中国の台湾政策
  • 第4部 二〇〇六年・陳総統一族の問題
  • 第5部 二〇〇七年・総統候補の選出
  • 第6部 二〇〇八年・馬英九政権の政策
  • 第7部 二〇〇九年・経済苦境からの脱出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 馬英九と陳水扁 : 台湾の動向2003~2009.3
著作者等 中川 昌郎
書名ヨミ バ エイキュウ ト チン スイヘン : タイワン ノ ドウコウ 2003 2009 3
出版元 明徳出版社
刊行年月 2010.1
ページ数 841p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89619-721-1
NCID BB02066485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21789013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想