突然死の話 : あなたの心臓に潜む危機

沖重薫 著

つい先ほどまで元気だった人が、一瞬にして命を失ってしまう-家族と最期の言葉も交わせないままに。「心臓性突然死」ほどやりきれない別れはない。本書では悲劇を避けるため、心臓の仕組みから突然死の最新予防法まで丁寧に説明する。先天性の病気による場合もあれば、風邪や下痢などの軽い病気、入浴やスポーツなど日常の活動が原因になることもあり、対策は一筋縄ではいかない。悲劇を避けるために、できること。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 心臓の仕組みと突然死(心臓性突然死とは何か
  • なぜ心臓は意識しなくても自然に動くのか
  • 心電図検査の有用性)
  • 第2部 意外に身近な20の危機(心臓が自分の力で動けなくなる
  • なぜ"河童"と言われる子供が溺れるのか?
  • 危険な失神、大丈夫な失神 ほか)
  • 第3部 最新予防法(AEDの限界
  • 遺伝子診断の可能性
  • 最新治療(「カテーテル・アブレーション治療」
  • 「ICD」
  • 「両室ベーシング治療」))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 突然死の話 : あなたの心臓に潜む危機
著作者等 沖重 薫
書名ヨミ トツゼンシ ノ ハナシ : アナタ ノ シンゾウ ニ ヒソム キキ
書名別名 Totsuzenshi no hanashi
シリーズ名 中公新書 2057
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.5
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102057-4
NCID BB02065813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21790276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想