奈良・南都仏教の伝統と革新

サムエル・C.モース, 根本誠二 編

[目次]

  • 『三国仏法伝通縁起』・『元亨釈書』の描く歴史像-日本古代の三学受容をめぐって
  • 八幡大菩薩成立の前提-皇統の転換と八幡神の転成
  • 如宝と空海
  • 平安初期天皇の政権交替と潅頂儀礼
  • 「発願之力」と「慚愧心」-場面展開からみた『日本霊異記』の編纂意図
  • 重源の三角五輪塔と寧波阿育王塔
  • 忍性の「十種大願」について
  • 法道と一乗寺
  • Mountain and Plain:Kinpusen and Kofukuji in the Early Middle Ages
  • The Invention of Tradition:The Kusha Mandara and Recovering the Past,Buddhist Painting at Todaiji before 1180

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奈良・南都仏教の伝統と革新
著作者等 Morse, Samuel Crowell
根本 誠二
Morse Samuel C.
モース サムエル・C.
書名ヨミ ナラ ナント ブッキョウ ノ デントウ ト カクシン
出版元 勉誠
刊行年月 2010.6
ページ数 261, 60p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-21001-6
NCID BB02063126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想