こころの病理学

新宮一成, 片田珠美, 芝伸太郎, 西口芳伯 著

精神病理学・精神分析学分野の第一線で活躍している執筆陣が、種々の経験・活動によって人間の精神にもたらされる病理的要因について、具体的な事例を盛り込みながら平易に解説するとともに、それぞれの病理について、文化、社会、そして無意識などの社会的文脈の中での位置づけを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神障害と精神医学の歴史
  • さまざまな精神疾患の展望
  • 思春期のこころ
  • 統合失調症-症状と病型
  • 統合失調症-治療と予後
  • 統合失調症-症例と経過
  • 依存症と嗜癖
  • 気分障害-症状と病型
  • 気分障害-症例と経過
  • 気分障害-予後と治療
  • パーソナリティ障害
  • 自殺
  • 犯罪、非行、精神障害に対処するための仕組み
  • 少年法
  • 医療少年院の臨床事変

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの病理学
著作者等 新宮 一成
片田 珠美
芝 伸太郎
西口 芳伯
書名ヨミ ココロ ノ ビョウリガク
シリーズ名 京大人気講義シリーズ
出版元 丸善
刊行年月 2010.5
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-08242-3
NCID BB02036382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21766708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想