ショーペンハウアー哲学の再構築 : 『充足根拠律の四方向に分岐した根について』(第一版)訳解

アルトゥール・ショーペンハウアー 著 ; 鎌田康男, 齋藤智志, 高橋陽一郎, 臼木悦生 訳著

学位論文『充足根拠律の四方向に分岐した根について』第一版テクストの翻訳ならびにその綿密な読解を通して、従来のショーペンハウアー理解像の一新を図り、カントの問題意識を引き継いだ超越論哲学者としての姿を呈示する。2000年の初版刊行以来、研究上の基本文献を改訂復刊、叢書・ウニベルシタスに新装版で登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ショーペンハウアー『充足根拠律の四方向に分岐した根について』第一版(序論(システムとしての学問と根拠律)
  • 充足根拠律についてこれまで説かれたもののうちでもっとも主要なものについての概観
  • 従来の叙述の不十分さと新しい叙述の構想
  • "主観に対する客観"の第一類とそれを支配している充足根拠律の形態について ほか)
  • 第2部 ショーペンハウアー哲学の再構築(ミレニアムのショーペンハウアー
  • ショーペンハウアー表象論の再構築
  • ショーペンハウアー意志論の再構築)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ショーペンハウアー哲学の再構築 : 『充足根拠律の四方向に分岐した根について』(第一版)訳解
著作者等 Kamata, Yasuo
Schopenhauer, Arthur
臼木 悦生
鎌田 康男
高橋 陽一郎
齋藤 智志
ショーペンハウアー アルトゥール
書名ヨミ ショーペンハウアー テツガク ノ サイコウチク : ジュウソク コンキョリツ ノ シホウコウ ニ ブンキシタ コン ニ ツイテ ダイ 1パン ヤッカイ
書名別名 Shopenhaua tetsugaku no saikochiku
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 937
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.5
版表示 新装版.
ページ数 267, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00937-2
NCID BB02032075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21846926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想