ユーラシア胎動 : ロシア・中国・中央アジア

堀江則雄 著

多極化する世界の中で、いまユーラシア全体が一つの地域として沸き立っている。中国の爆発的な経済発展、ロシアのエネルギー資源外交の展開、中央アジア諸民族の台頭、そして国境を越えるヒトとモノの奔流…。現地取材を重ねたジャーナリストが、この広大な一帯に吹く変革の風を伝え、そのダイナミズムの意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ユーラシアの風に吹かれて
  • 第1章 分割された島-ユーラシアの国境政治
  • 第2章 ユーラシアを束ねる上海協力機構
  • 第3章 新しいシルクロードが生まれる
  • 第4章 中央アジアのダイナミズム
  • 第5章 広がるユーラシア・パイプライン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーラシア胎動 : ロシア・中国・中央アジア
著作者等 堀江 則雄
書名ヨミ ユーラシア タイドウ : ロシア チュウゴク チュウオウ アジア
シリーズ名 岩波新書 新赤版1247
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.5
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431247-5
NCID BB02026221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21782003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想