中世民衆の世界 : 村の生活と掟

藤木久志 著

戦国時代、村では「領主は当座の者、百姓は末代の者」といわれていた。旅人にも開放されていた村のシンボル・惣堂や生産拠点であった周辺の山野などを舞台にくり広げられる土着の百姓の生活と村の掟を生きいきと描きだす中世民衆史。共同体として自立していきながら、近世にも継承される中世民衆の世界の深層にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 村掟-暴力の克服(村社会の暴力-戦国前期
  • 追放解除と村-戦国後期
  • 村と処刑者の財産
  • 近世の村で)
  • 第2章 惣堂-自立する村(シンボルとしての惣堂
  • 惣堂の落書を読む
  • 惣堂と惣物-自立の基礎)
  • 第3章 地頭-村の生活誌(戦国の村の訴状
  • 在地領主と百姓
  • 不在領主と百姓
  • 人夫の報酬)
  • 第4章 山野-村の戦争(山野河海の利は折半で
  • 紛争の激化と和解)
  • 第5章 直訴-平和への道(目安箱の登場-戦場の村で
  • 百姓の異議申し立ては秀吉自らが-豊臣期の村で
  • 百姓直訴システムの広がり-豊臣期から徳川初期へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世民衆の世界 : 村の生活と掟
著作者等 藤木 久志
書名ヨミ チュウセイ ミンシュウ ノ セカイ : ムラ ノ セイカツ ト オキテ
書名別名 Chusei minshu no sekai
シリーズ名 岩波新書 新赤版1248
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.5
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431248-2
NCID BB02026163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想