社会力を育てる : 新しい「学び」の構想

門脇厚司 著

子どもや若者に広がる社会や他人への無関心。協力し、助け合える社会は築けるか。著者は前著『子どもの社会力』で「人と人がつながり、社会をつくる力」を「社会力」として提唱し、注目を集めた。いま互恵的協働社会の実現に向けて、地域や学校で社会力を育てる必要性を説き、学力重視の教育からの転換を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ、若い世代の「社会化不全」が進むのか
  • 第1章 教育と子どもの現状をどうみるか
  • 第2章 なぜ、いま社会力なのか
  • 第3章 社会生活を営む能力としての社会力
  • 第4章 急を要する教育目標の転換
  • 第5章 社会力をどう育てるか
  • 終章 互恵的協働社会の実現に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会力を育てる : 新しい「学び」の構想
著作者等 門脇 厚司
書名ヨミ シャカイリョク オ ソダテル : アタラシイ マナビ ノ コウソウ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1246
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.5
ページ数 231, 6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431246-8
NCID BB02025262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想