数量的な見方考え方

板倉聖宣 著

本当の数学=数量的な見方・考え方とは、"だれにでも楽しく、生きていく上でたちまち役立つもの"である。数学教育を根底から変える本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概数の哲学-本当の数とウソの数、タテマエの数とおよその数、役立つ数
  • 2 算数教育を考える
  • 3 大学の入学試験と"浪人"
  • 4 古代以来、"日本人の成人の総数"と"読み書きできる人の総数"
  • 5 二宮尊徳と数学-数学というもの、グラフというものの役立ちかた
  • 6 日本(中国・朝鮮)におけるゼロの概念とその記号の歴史-「無」に関する大風呂敷的な教育談義
  • 7 (新総合読本)2種類あった江戸時代の円周率-"3.14"と"3.16"のなぞ
  • 8 科学と数学
  • 9 遠山さんと私-水道方式と仮説実験授業
  • 10 授業書案"勾配と角度"
  • 11 授業書案"図形と角度"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数量的な見方考え方
著作者等 板倉 聖宣
書名ヨミ スウリョウテキナ ミカタ カンガエカタ : スウガク キョウイク オ コンテイ カラ カエル シテン
書名別名 数学教育を根底から変える視点
出版元 仮説社
刊行年月 2010.5
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7735-0218-3
NCID BB02022446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21846631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想