デザイン思考が世界を変える : イノベーションを導く新しい考え方

ティム・ブラウン 著 ; 千葉敏生 訳

人々が気づいていないニーズを探り出し、飛躍的な発想で生活を豊かにする-それが「デザイン思考」だ。これを研究・開発部門だけでなく全社的に浸透させれば、組織は持続的にイノベーションを生み出すことができる。その推進役として名を馳せているのが、これまでアップルのマウスなど画期的なプロダクトを手掛けてきたデザイン・ファームIDEO。いまやイノベーションの代名詞となっている同社のCEOみずから、現代におけるデザインとイノベーションの必要性を熱く語り、組織を蘇らせる方法を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 デザイン思考とは何か?(デザイン思考を知る-デザイン思考はスタイルの問題ではない
  • ニーズを需要に変える-人間を最優先に
  • メンタル・マトリクス-「この人たちにはプロセスというものがまるでない!」
  • 作って考える-プロトタイプ製作のパワー ほか)
  • 2 これからどこへ向かうのか(デザイン思考が企業に出会うとき-釣りを教える
  • 新しい社会契約-ひとつの世界に生きる
  • デザイン・アクティヴィズム-グローバルな可能性を秘めたソリューションを導き出す
  • いま、未来をデザインする)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デザイン思考が世界を変える : イノベーションを導く新しい考え方
著作者等 Brown, Tim
千葉 敏生
ブラウン ティム
書名ヨミ デザイン シコウ ガ セカイ オ カエル : イノベーション オ ミチビク アタラシイ カンガエカタ
書名別名 Change by design

Dezain shiko ga sekai o kaeru
シリーズ名 ハヤカワ新書juice 012
出版元 早川書房
刊行年月 2010.4
ページ数 315p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-15-320012-8
NCID BB02007533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21765968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想