日本の歴史  23

網野善彦, 大津透, 鬼頭宏, 桜井英治, 山本幸司 編

窮乏する農村と「モダン」な帝都という二重構造のなか、指導層と大衆は何を希求したか。「満蒙権益」を正当化し、日中戦争を「聖戦」とした陸軍中堅層、革新官僚、経済テクノクラートたちの論理と野望。挙国一致内閣、翼賛体制に至る「非常時」の政治・イデオロギー抗争…。帝国日本と日本人にとっての"戦争"とは。昭和戦前期の「歴史」を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 過去は外国である
  • 第1章 普通選挙と政党内閣
  • 第2章 ワシントン体制の変容と日本
  • 第3章 「挙国一致」内閣の時代
  • 第4章 「非常時」の表と裏
  • 第5章 革新の光明?
  • 第6章 総力戦の諸相
  • 終章 「戦時」とモダニティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史
著作者等 大津 透
有馬 学
網野 善彦
鬼頭 宏
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 帝国の昭和
シリーズ名 講談社学術文庫 1923
巻冊次 23
出版元 講談社
刊行年月 2010.5
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291923-4
NCID BB02000556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21767954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
帝国の昭和 有馬 学
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想