能と古注釈書

神田裕子 著

室町時代、世阿弥によって大成された「能」という演劇の基盤は何であったのか。能作品を生み出した重要な文学的基盤のひとつである、伊勢物語古注釈書を探ることから、その秘密に迫る。また能の芸能的基盤として重要な、鎌倉中期の歌謡、宴曲(早歌)からも考えていく。近世文化全体を見通したうえで、能を書誌学的調査から新たに捉え直す書。「伝二条為兼筆冷泉家流伊勢物語抄」「謡抄」など初公開資料多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 能の文学的基盤-伊勢物語古注釈の世界(伊勢物語注釈書に関する先行研究
  • 冷泉家流伊勢物語古注の原型
  • 「十巻本伊勢物語注」について-「伝二条為兼筆冷泉家流伊勢物語抄」
  • 冷泉家流伊勢物語注の末書-「伝心敬筆伊勢物語注」について)
  • 第2章 能の注釈書と古典世界(「謡抄」と古典世界-紹巴注を中心に
  • 伊勢物語を題材とする能の注釈内容
  • 古活字「謡抄」守清本の書誌学的研究
  • 古活字「謡抄」単辺十二行本の書誌学的研究
  • 整版「童舞抄」の書誌学的研究-本能寺版古活字本との関連を中心に)
  • 第3章 能の芸能的基盤-宴曲の世界(宴曲研究史概要
  • 金春宗家蔵『宴曲集巻第一』をめぐって
  • 宴曲と天台の秘伝-"三嶋詣"の場合
  • 宴曲"三嶋詣"に見る古典世界
  • 明治期における宴曲研究)
  • 〔附録〕金春宗家蔵『宴曲集巻第一』影印・翻刻・解題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能と古注釈書
著作者等 神田 裕子
書名ヨミ ノウ ト コチュウシャクショ
出版元 笠間書院
刊行年月 2010.3
ページ数 306, 13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70502-0
NCID BB01970568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21747285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想