野生動物への2つの視点 : "虫の目"と"鳥の目"

高槻成紀, 南正人 著

いま、多くの野生動物が絶滅の危機にひんしている。守るためには、動物をじっくり観察する「虫の目」と、生物界全体のバランスを考える「鳥の目」が必要だ。「かわいそう=保護する」から一歩ふみこむための自然の見方。いきもののつながりを考える。一頭のシカから生物界全体がみえてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シカを一頭ずつ調べる
  • 第2章 シカの一生を追う
  • 第3章 生き物のつながり
  • 第4章 絶滅を考える
  • 第5章 野生動物の保全
  • 第6章 野生動物学を学ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野生動物への2つの視点 : "虫の目"と"鳥の目"
著作者等 南 正人
高槻 成紀
書名ヨミ ヤセイ ドウブツ エノ 2ツ ノ シテン : ムシ ノ メ ト トリ ノ メ
書名別名 Yasei dobutsu eno 2tsu no shiten
シリーズ名 ちくまプリマー新書 138
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.5
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68839-2
NCID BB01955280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21778854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想