鉄道・路線廃止と代替バス

堀内重人 著

可部線、くりはら田園鉄道、鹿島鉄道、三木鉄道、西鉄宮地岳線…不採算を理由に廃止された鉄道の代替バスに乗り、鉄道とバスでのサービスの比較、その利用状況、地域交通が抱える問題点と影響を鋭く考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 鉄道廃止と地域への影響(国鉄改革
  • 鉄道事業法改正による規制緩和
  • 事業者の変更による生き残り)
  • 第2部 最新10例に見る代替バスの現況(長野電鉄河東線の廃止代替バス(2002年廃止)
  • 京福電鉄(現:えちぜん鉄道)永平寺線の廃止代替バス
  • 可部線の廃止代替バス(2003年廃止)
  • 名古屋鉄道三河線の廃止代替バス(2004年廃止)
  • 日立電鉄の廃止代替バス(2005年廃止)
  • 鹿島鉄道の廃止代替バス(2007年廃止)
  • 西鉄宮地岳線(現:貝塚線)の廃止代替バス(2007年廃止)
  • くりはら田園鉄道の廃止代替バス(2007年廃止)
  • 島原鉄道の廃止代替バス(2008年廃止)
  • 三木鉄道の廃止代替バス(2008年廃止))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄道・路線廃止と代替バス
著作者等 堀内 重人
書名ヨミ テツドウ ロセン ハイシ ト ダイタイ バス
出版元 東京堂
刊行年月 2010.4
ページ数 254p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-490-20696-8
NCID BB01948161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21755315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想