ファイナンス論 : 入門から応用まで

大村敬一 著

数式を最小限におさえ、基本的な考え方や投資に関する基礎理論を、実際のエピソードにも関わらせながらじっくり学べる本格的テキスト。さらに、最先端の理論のエッセンスまで平易に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代ファイナンスの関心と基礎(リスクと金融システム-リスクシェアリングのためのシステム
  • リスクとマネジメント
  • 金融システムの機能と歴史
  • 現代ファイナンス理論の歩み
  • 確実性下での基礎理論)
  • 第2部 インベストメント(1)(リスクと投資家の選好
  • 最適なポートフォリオの選択
  • 市場の均衡価格-CAPM
  • パフォーマンス評価と効率性
  • マルチファクターモデルからAPTへ)
  • 第3部 インベストメント(2)(デリバティブ
  • オプション
  • 債券の利回りとリスク)
  • 第4部 コーポレートファイナンス(資本構成と資本コスト-MM理論
  • 最適資本構成の存在-MM理論の拡張
  • 株主への利益還元
  • 金融仲介の機能
  • 企業のコントロールとガバナンス)
  • 第5部 新しいファイナンス理論(マーケットマイクロストラクチャー
  • 行動ファイナンス
  • リアルオプション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファイナンス論 : 入門から応用まで
著作者等 大村 敬一
書名ヨミ ファイナンス ロン : ニュウモン カラ オウヨウ マデ
書名別名 Lecture of Modern Finance Theory
シリーズ名 有斐閣ブックス 414
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.4
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18383-4
NCID BB01946450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21762810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想