前立腺ガン治療革命

藤野邦夫 著

この20年間で40倍以上急増した前立腺ガン。2020年には日本の男性ガン患者数では、胃ガンを抜いて1位肺ガンに次ぐ7万8000人になると予測されている。しかし前立腺ガンは早期に適切な治療を受ければまず命を失うことはなく、根治することも可能だ。またある程度進行してからでも元気に長く生きることができる。待機療法、ホルモン療法、放射線治療、手術-多岐にわたる治療法のメリット、デメリットを丁寧に解説し、再発や生存率を左右するガンのステージ(病期)に合わせた治療法の選び方を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前立腺肥大と前立腺ガンはどうちがうか
  • 第2章 前立腺ガンの診断にはどのような検査をするか
  • 第3章 待機療法とホルモン療法
  • 第4章 患者側からすると放射線治療が第一選択肢
  • 第5章 ブラキセラピーとはどんな治療法か
  • 第6章 小線源以外の放射線治療にはどんな種類があるか
  • 第7章 摘出手術とそのほかの治療法
  • 第8章 再発・転移した前立腺ガンの治療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 前立腺ガン治療革命
著作者等 藤野 邦夫
書名ヨミ ゼンリツセン ガン チリョウ カクメイ
書名別名 Zenritsusen gan chiryo kakumei
シリーズ名 小学館101新書 077
出版元 小学館
刊行年月 2010.4
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825077-6
NCID BB01937664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21749167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想