わが友マキアヴェッリ : フィレンツェ存亡  3

塩野七生 著

フィレンツェを追われたマキアヴェッリに残されたのは、友人や元同僚に宛てて手紙を綴り、外交官としての体験から得た考察を書き続けることだけだった。比類なき鋭く深い観察眼で移り行く時代を凝視し、大国の時代に翻弄される祖国の自由を強く求めたマキアヴェッリ。その彼が書き、考え、イタリア・ルネサンスの精神とともに果てるまでを、愛情と敬意を込めて描いた完結編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが友マキアヴェッリ : フィレンツェ存亡
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ワガ トモ マキアヴェッリ : フィレンツェ ソンボウ
書名別名 Waga tomo makiaverri
シリーズ名 新潮文庫 し-12-40
巻冊次 3
出版元 新潮社
刊行年月 2010.5
ページ数 269p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-118140-0
NCID BB01936151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21757689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想