武力による政治の誕生

本郷和人 著

天皇から幕府へ。「文」から「武」へ。中世は日本のヘゲモニーの大転換期だった。宮廷と幕府=二つの政権の並立から幕府中心の日本へ。日本史の大きな流れを分節する歴史の「構造」を解明し、移行の画期としての鎌倉幕府の意義を再検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 朝廷と幕府の暴力の骨格
  • 第2章 朝廷にみる交渉の骨格
  • 第3章 幕府をつくった主従の骨格
  • 第4章 車の両輪に比される文・武の骨格
  • 第5章 天皇と「武」をめぐる史学史の骨格
  • 終章 自己を見つめ直すための、中世史の構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武力による政治の誕生
著作者等 本郷 和人
書名ヨミ ブリョク ニ ヨル セイジ ノ タンジョウ
シリーズ名 シリーズ選書日本中世史 1
講談社選書メチエ 1
出版元 講談社
刊行年月 2010.5
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258466-1
NCID BB0189004X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21768852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想