旋法論 : 楽理の探究

東川清一 著

古代ギリシャの音組織論から16世紀多声部音楽まで旋法理論史を俯瞰。重要文献を精緻に読み解きつつ旋法の本質を理解するための指針を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音階のいろいろ-類・均・調・旋法
  • 2 教会旋法-当初のグレゴリオ旋法から16世紀の多声部旋法まで
  • 3 ティンクトリスの旋法理論
  • 4 グラレアヌスの旋法理論
  • 4 古代ギリシャの音組織論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旋法論 : 楽理の探究
著作者等 東川 清一
書名ヨミ センポウロン : ガクリ ノ タンキュウ
出版元 春秋社
刊行年月 2010.4
ページ数 171p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-393-93026-7
NCID BB01887861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21763947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想