生きたことばの力とコミュニケーションの回復

秦野悦子 編

[目次]

  • 1部 ことばの発達機序とその障害(ことばの発達と自己
  • ことばの発達からみた障害特性
  • 意味発達を支える象徴機能
  • ことばの聞き取りと生成を支えるしくみとその働き-音声の知覚と産出)
  • 2部 ことばとコミュニケーションの発達支援(コミュニケーションを作り出していく保育臨床
  • 生活世界のなかでのことばの力の獲得と臨床
  • 少年期・青年期における高機能広汎性発達障害者へのコミュニケーション支援
  • 親や家族がことばの障害に向き合う
  • 保育・教育現場でことばの障害に向き合う)
  • 3部 ことばの支援におけるさまざまなアプローチ(言語発達のアセスメント
  • 補助・代替コミュニケーション(AAC)
  • ことばの喪失と回復
  • 言語障害のメカニズム-言語、情動、脳、発達の関連を失語症から考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きたことばの力とコミュニケーションの回復
著作者等 秦野 悦子
書名ヨミ イキタ コトバ ノ チカラ ト コミュニケーション ノ カイフク
書名別名 Ikita kotoba no chikara to komyunikeshon no kaifuku
シリーズ名 シリーズ子どもへの発達支援のエッセンス 第1巻
出版元 金子書房
刊行年月 2010.4
ページ数 299p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-9431-4
NCID BB01875840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21751156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想