障害学にもとづくソーシャルワーク

マイケル・オリバー, ボブ・サーペイ 著 ; 野中猛 監訳 ; 河口尚子 訳

社会が障害者に強いる不利益=障害に対して、ソーシャルワーカーは何ができるのか。パラダイム転換のなかで問われる専門性のための基本視座。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソーシャルワークと障害:新旧の方向性
  • 第2章 障害について考える
  • 第3章 インペアメントの原因とディスアビリティの生成
  • 第4章 家族における障害
  • 第5章 障害とともに生活する
  • 第6章 障害の法的および社会的な文脈
  • 第7章 結論と実践への示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害学にもとづくソーシャルワーク
著作者等 Oliver, Michael
Sapey, Bob
河口 尚子
野中 猛
サーペイ ボブ
オリバー マイケル
書名ヨミ ショウガイガク ニ モトズク ソーシャル ワーク : ショウガイ ノ シャカイ モデル
書名別名 Social work with disabled people. (3rd edition)

障害の社会モデル
出版元 金剛
刊行年月 2010.5
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1112-7
NCID BB01873663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21755008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想