糖尿病に克つ新薬最前線

鈴木吉彦 著

えっ!糖尿病は"治る"!?新世代のクス、ぞくぞく登場ガラリと変わる患者学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の糖尿病の特徴と病因
  • きめ細かい糖尿病医療が合併症を防ぐ
  • 従来の糖尿病治療法
  • 従来療法の限界
  • 欠点を解決した「インクレチン」
  • GLP‐1の膵臓に対する作用
  • DPP4阻害薬はGLP‐1を長もちさせる
  • DPP4阻害剤に期待される臨床的特徴
  • GLP‐1注射製剤は欧米ですでに発売日本でも!
  • 「糖尿病よ、さよなら」か?
  • GLP‐1を超えるかもしれない新薬が待機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病に克つ新薬最前線
著作者等 鈴木 吉彦
書名ヨミ トウニョウビョウ ニ カツ シンヤク サイゼンセン
書名別名 Tonyobyo ni katsu shin'yaku saizensen
シリーズ名 朝日新書 230
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.4
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273330-6
NCID BB01839417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21751708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想