捕るか護るか?クジラの問題

山川徹 著

クジラは保護すべきか、それとも捕ってもいいものなのか。多くの人たちはクジラがどういった存在か理解せずに、「捕鯨」や「反捕鯨」という言葉を目にしているのではないだろうか?ぼくらはクジラという地球上で最大の野生動物をもっと知る必要がある。調査捕鯨船、そして捕鯨発祥の地である和歌山県の太地町へ。クジラ問題を考えながらいまなお続く捕鯨の現場を歩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 クジラを見に行く(クジラの海へ
  • クジラとイルカの見分け方
  • 最大のハクジラ・マッコウクジラ ほか)
  • 第2章 クジラと生きる(共通言語としての科学
  • 保護すべき野生動物としてのクジラと生物資源としてのクジラ
  • クジラの年齢 ほか)
  • 第3章 そして、クジラと人は、(捕鯨発祥の地
  • 大背美流れ
  • 南極さん ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 捕るか護るか?クジラの問題
著作者等 山川 徹
書名ヨミ トルカ マモルカ クジラ ノ モンダイ : イマ ナオ ツズク ホゲイ ノ ゲンバ エ
書名別名 いまなお続く捕鯨の現場へ
シリーズ名 tanQブックス 7
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4197-8
NCID BB01837080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21736344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想