19世紀ドイツの軍隊・国家・社会

ラルフ・プレーヴェ 著 ; 阪口修平 監訳 ; 丸畠宏太, 鈴木直志 訳

従来、軍事史といえば、戦略・戦術や軍事技術などを中心とする「戦史」が一般的であったが、すでにヨーロッパではこの狭義の軍事史をこえて、軍隊や戦争と社会との相互関係を明らかにせんとする研究が進められている。本書は、その新しい潮流をふまえた、ドイツの「軍隊と社会」学派の旗手プレーヴェによる軍事史研究の最新の入門書である。経済・社会・文化・技術史など多岐にわたる研究の成果と動向をまとめており、ドイツ史のみならず、ひろく西洋史研究一般、さらには日本史など隣接諸分野の研究に一石を投じる書といえよう。巻末に詳細な訳注、原語・訳語対照一覧、索引つき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 概観(序論
  • 後期啓蒙と初期自由主義-戦争と軍隊(一七六三〜一八五〇年)
  • 国民化と工業化-戦争と軍隊(一八五〇〜一八九〇年))
  • 第2部 研究の基本的諸問題と動向(専門分野としての軍事史
  • 長い一九世紀の軍隊と戦争
  • 軍事史の新しい研究領域と課題
  • 一九世紀ドイツ軍事史の核心問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 19世紀ドイツの軍隊・国家・社会
著作者等 Pröve, Ralf
丸畠 宏太
鈴木 直志
阪口 修平
Pr¨ove Ralf
プレーヴェ ラルフ
書名ヨミ 19セイキ ドイツ ノ グンタイ コッカ シャカイ
書名別名 Militar,Staat und Gesellschaft im 19.Jahrhundert
出版元 創元社
刊行年月 2010.4
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-422-20287-7
NCID BB01831222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想