学校ソーシャルワーク実践 : 国際動向とわが国での展開

門田光司 著

わが国での実践の発展と今後の展望。アメリカでのスクールソーシャルワークの発展経緯や世界のスケールソーシャルワーカーの活動動向から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカのスクールソーシャルワーク実践の展開-なぜスクールソーシャルワークはカウンセリングが主業務なのか(アメリカのスクールソーシャルワーカーの今日の業務内容
  • スクールソーシャルワークの発展史 ほか)
  • 第2章 世界のスクールソーシャルワーカーの活動内容-教育制度・文化が異なる国々では学校でどのようなソーシャルワークが実践をしているのか(英国
  • カナダ ほか)
  • 第3章 わが国の学校ソーシャルワーク実践の必要性-わが国はいつまでアメリカのソーシャルワーク・モデルを移入するのか(アメリカの「スクールソーシャルワーク」再考
  • なぜ「学校ソーシャルワーク」(social work in schools)か ほか)
  • 第4章 わが国での学校ソーシャルワーク実践の展開-どのような学校ソーシャルワーク実践を展開していくのか(学校ソーシャルワークの価値について
  • わが国の学校ソーシャルワーク実践について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校ソーシャルワーク実践 : 国際動向とわが国での展開
著作者等 門田 光司
書名ヨミ ガッコウ ソーシャル ワーク ジッセン : コクサイ ドウコウ ト ワガクニ デ ノ テンカイ
書名別名 Gakko sosharu waku jissen
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.4
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05700-9
NCID BB01824715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21736950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想