図解泌尿器科手術 : 解剖を実践に生かす

影山幸雄 著

著者が20数年かけて積み上げてきた泌尿器科手術の知識・技術を1,000枚近いオリジナルイラストに結実。低侵襲手術を安全かつ手際よく進めるために必要な、剥離の際の指標となる膜構造・層構造を明確に示すとともに、手術のプロセスを仔細に解説。若手からベテランまで、泌尿器科手術のスキルアップに必須となる待望の手術書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 術野展開に必要な層構造の知識(骨盤部腹壁の層構造
  • 側腹部腹壁の層構造 ほか)
  • 2 手術を円滑に進めるための膜構造の知識(膀胱・前立腺周辺の膜構造
  • 腎臓・副腎周辺の膜構造 ほか)
  • 3 出血を最小限にとどめるために必要な血管走行の知識(膀胱・前立腺(膀胱・子宮・腟)周辺の血管走行
  • 腎臓・副腎周辺の血管走行 ほか)
  • 4 臨床解剖学的知識に基づいた主な泌尿器科手術の実際(前立腺全摘術
  • 骨盤リンパ節郭清 ほか)
  • 5 主な術中損傷への対応(直腸損傷修復
  • 胸膜損傷修復)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解泌尿器科手術 : 解剖を実践に生かす
著作者等 影山 幸雄
書名ヨミ ズカイ ヒニョウキカ シュジュツ : カイボウ オ ジッセン ニ イカス
書名別名 Zukai hinyokika shujutsu
出版元 医学書院
刊行年月 2010.4
ページ数 299p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-260-01021-4
NCID BB01824147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21755702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想