機関車トーマスと英国鉄道遺産

秋山岳志 著

世界中の子供たち、いや、大人たちをも夢中にさせる、擬人化された機関車たちの物語「機関車トーマス」シリーズは、どのようにして生まれたのか?その背景には、英国各地に点在する「鉄道遺産」の存在があった。原作者ウィルバート・オードリーは、現実のさまざまな鉄道から物語の想を得るとともに、それらを「鉄道遺産」として保存する運動に尽力した。物語の原型となった車両や路線は、いまでも健在なのである。英国文化の一典型である鉄道遺産を、ウィルバートの創作の軌跡に重ね合わせて探訪する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「トーマス」の世界へようこそ
  • イギリス鉄道遺産の全貌
  • 鉄道遺産とボランティア
  • 鉄道に魅せられた少年
  • 「レイルウェイ・シリーズ」の誕生とブルーベル鉄道
  • 「ヘンリー」とブラック・ファイブ型機関車
  • 四大鉄道時代
  • 「ソドー島」とマン島の鉄道遺産
  • 世界初の鉄道遺産、タリスリン鉄道
  • 「機関車トビー」の足跡を追って
  • スノードン登山鉄道
  • レイベングラス&エスクデイル鉄道
  • 国立鉄道博物館
  • 最後の日々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機関車トーマスと英国鉄道遺産
著作者等 秋山 岳志
書名ヨミ キカンシャ トーマス ト エイコク テツドウ イサン
シリーズ名 機関車トーマスシリーズ
集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.4
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720538-1
NCID BB01820747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21796010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想