異文化経営の世界 : その理論と実践

馬越恵美子, 桑名義晴 編著 ; 異文化経営学会 著

多様な人材を活かす「異文化経営」こそ、内向きな日本を、競争力あるグローバル・プレイヤーに変える、最善の道。多様な人材(ダイバーシティ)を束ねるグローバル・リーダーが求められる今、「異文化経営学会」の精鋭による本書は、日本再起を願う人々の必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編(異文化経営とその社会的使命
  • 国際経営の革新と異文化経営
  • 異文化マネジメント研究のパースペクティブ
  • 知識創造と文化的多様性のマネジメント ほか)
  • 第2部 実践編(ダイバーシティ・マネジメントの特質-イトーヨーカドーと第一生命保険相互会社
  • パナソニックグループのダイバーシティ・マネジメント
  • 世界各地域の化粧品文化と資生堂のグローバル・ビジネス
  • 異文化経営における企業文化力の重要性-萩原工業の事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化経営の世界 : その理論と実践
著作者等 桑名 義晴
異文化経営学会
馬越 恵美子
書名ヨミ イブンカ ケイエイ ノ セカイ : ソノ リロン ト ジッセン
書名別名 Ibunka keiei no sekai
出版元 白桃書房
刊行年月 2010.3
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-561-26532-0
NCID BB01815474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21807306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想