印象派の誕生 : マネとモネ

吉川節子 著

華も艶もある色彩、柔らかなフォルム、具体的で親しみやすい画題。目にも心にも優しい印象派の作品だが、創作の根底にある「印象」とは何なのだろうか。ルネサンス以来の伝統に支配されてきた西洋の美意識は、マネやモネの登場によって、決定的な変化の時を迎える。本書では、印象派誕生に焦点をあて、その革新性に迫っていく。多彩な人物たちが交錯した一九世紀中葉パリの濃密な空気がここによみがえる。図像資料多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 印象派の成り立ちを見てみよう("バティニョル街のアトリエ"
  • 残りの三人 ほか)
  • 第2章 スキャンダルの真相(落選展の"草上の昼食"
  • なぜ、大スキャンダルになったのか ほか)
  • 第3章 マネのリアリズム(魅力の源泉
  • "鉄道" ほか)
  • 第4章 光の画家モネ(制作するモネ
  • クールベの"画家のアトリエ"と比べてみよう ほか)
  • 第5章 マネの「印象」とモネの"印象"(「印象派」の名付け親
  • 第一回展のキーワード ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 印象派の誕生 : マネとモネ
著作者等 吉川 節子
書名ヨミ インショウハ ノ タンジョウ : マネ ト モネ
書名別名 Inshoha no tanjo
シリーズ名 中公新書 2052
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.4
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102052-9
NCID BB01814540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想