倫理への問いと大学の使命

位田隆一, 片井修, 水谷雅彦, 矢野智司 編

生命操作さえ可能になるほど高度に発展し専門分化していく研究。そこには高い責任がともなうが、そもそも研究における倫理とは何なのか。それは研究の自由を制限するのか拡大するのか?一方で、若者の多くが大学に進学し、キャンパスでの生活スタイルと価値観が多様化する時代、ともすれば規範的に語らざるを得ない倫理の教育は可能なのか?-専門職倫理、生命倫理とケアの教育、研究の自由と倫理、教養教育と倫理、など、大学の使命の根幹に関わるテーマで19人が提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 倫理への問いと大学の使命
  • 第1部 専門家としての倫理(専門職の倫理
  • 良き技術者をめざすための工学倫理 ほか)
  • 第2部 生命倫理とケアの教育と実践(生命倫理の教育と実践
  • 終末期がん患者へのスピリチュアルケアとその教育 ほか)
  • 第3部 研究の自由と倫理(科学者の倫理と行動規範
  • 倫理への挑戦は生命科学研究の自由を拡大するか? ほか)
  • 第4部 教養教育と倫理の形成(規範の揺らぎの現象-大学の哲学・倫理教育の使命
  • 出席メールによる対話と人間形成 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倫理への問いと大学の使命
著作者等 位田 隆一
水谷 雅彦
片井 修
矢野 智司
書名ヨミ リンリ エノ トイ ト ダイガク ノ シメイ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2010.3
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87698-944-7
NCID BB01801571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21752070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想