いくさの歴史と文字文化

遠山一郎, 丸山裕美子 編

律令国家日本の誕生と言語表現の夜明け。7世紀東アジアの戦争と倭国の政治制度・社会・文化・精神世界の成立を検証する。中国・朝鮮半島・日本の歴史と環境と文字文化がいかなる方法で対話し、文学として表現されるにいたったのかその道筋を克明に描写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史-七世紀東アジアのいくさ(唐前期における戦争と兵制
  • 白村江戦場の位置と地形について
  • 白村江の戦をめぐって
  • 七世紀の戦と律令国家の形成)
  • 第2部 文字文化-歴史の影(白村江敗戦前後の日本の文字文化
  • 七世紀における文字文化の受容と展開
  • 古代朝鮮半島と日本の異体字研究-「部」の字を中心に
  • いくさが投げかけた影-額田王と天智天皇との万葉歌
  • 防人のたび)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いくさの歴史と文字文化
著作者等 丸山 裕美子
遠山 一郎
書名ヨミ イクサ ノ レキシ ト モジ ブンカ
出版元 三弥井書店
刊行年月 2010.3
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8382-3192-8
NCID BB01797077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想