コミュニケーションするロボットは創れるか : 記号創発システムへの構成論的アプローチ

谷口忠大 著

新たなアプローチで、人間知能の本質に迫る。ロボットを人間に近づけていく探求から、これまでなかったコミュニケーション理解の地平を開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コミュニケーションする機械
  • 第2章 自律ロボットと概念
  • 第3章 シェマモデル
  • 第4章 行動創発
  • 第5章 コミュニケーションと自律適応系
  • 第6章 記号過程の創発
  • 第7章 記号創発システム論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションするロボットは創れるか : 記号創発システムへの構成論的アプローチ
著作者等 谷口 忠大
書名ヨミ コミュニケーションスル ロボット ワ ツクレルカ : キゴウ ソウハツ システム エノ コウセイロンテキ アプローチ
シリーズ名 叢書コムニス 13
出版元 NTT
刊行年月 2010.3
ページ数 249, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0283-5
NCID BB01795297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21740613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想