万葉の色 : その背景をさぐる

伊原昭 著

日本人に把握された豊饒な色の原点はどこにあるのか。万葉集・懐風藻・古事記・日本書紀・続日本紀・風土記はもとより、正倉院文書をはじめ、金石文・木簡等の記録的資料を取りあげることで、わが国の色彩の源流を辿る。上代日本社会の色彩のあり方を探る書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 万葉の染色
  • 万葉の紫とその背景
  • 上代の黄-とくに万葉の「黄〓(しつ)」について
  • 上代の赤-顔料を主に
  • 万葉の「知らに」と、「白土」「胡粉」「白粉」について
  • 「佛造る眞朱足らずは」攷
  • 「白珠は人に知らえず」攷
  • 万葉の緑児-当時の戸籍から考える
  • 上代の馬-とくに黒馬と、その意義
  • 色の霊力-「化」という事象を一例として
  • "陰陽五行説"の影響-万葉を主に
  • 万葉のしるしの背景-上代の祥瑞について
  • 万葉の人びとの色彩観
  • 天武天皇のある一面
  • 大伴家持の心情の一端
  • 増補版論文(色と『万葉集』のかかわり
  • 古代歌謡の方法-色彩について
  • 万葉から古今へ-色彩の変遷
  • 万葉の色
  • 譬喩歌と寄物陳思歌-衣服の色彩をとおしてみた
  • 紅乃深染
  • あかねさす
  • "やまとたけるのみこと"垣間見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉の色 : その背景をさぐる
著作者等 伊原 昭
書名ヨミ マンヨウ ノ イロ
シリーズ名 万葉集 220
笠間叢書 220
出版元 笠間書院
刊行年月 1989.3
版表示 増補版
ページ数 385, 22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70511-2
NCID BB01775245
BN03538303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89039468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想