東京ひがし案内

森まゆみ 著

東京の東側に魅かれるという著者が歩くのは神保町、浅草、日暮里、三河島、根岸、三ノ輪、町屋など38箇所。街を見下ろす大木、朽ちた古井戸、寺社、庭園に思いもかけない物語がある。そこでの歴史を知ることで陰影のある風景が浮上する。先人たちの生活に思いを馳せ、舌鼓の打てる散歩ルートを、緻密なイラストと地図を添えて紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水道橋-ふしぎな三角地帯
  • お茶の水-橋の上から望む神田川
  • 小川町-ドキュメンタリーを見に行く
  • 神保町-本とカレーと中華料理
  • 湯島-ラブホテルと天神様
  • 上野公園-美術館は金曜の夜に
  • 不忍池-明治のころ競馬場があった
  • 谷中-元祖七福神めぐり
  • 千駄木-鴎外の観潮楼、漱石の「猫の家」
  • 根津-神社の門前に遊廓〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京ひがし案内
著作者等 森 まゆみ
書名ヨミ トウキョウ ヒガシ アンナイ
シリーズ名 ちくま文庫 も11-8
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.4
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42700-7
NCID BB01774275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21784754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想