物理の歴史

朝永振一郎 編

敗戦後の日本に大きな希望を与えた1949年の湯川秀樹のノーベル物理学賞受賞。その難解な中間子論を理解するために渇望された啓蒙書のひとつが本書である。素粒子論に至る必要な概念を、運動と力、電磁気、光、量子論、原子核・素粒子と物理学の発展の歴史に沿って解説していく。編者の朝永振一郎も1965年に同賞を受賞し、執筆にあたった高林武彦や中村誠太郎も日本の素粒子物理学を支えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 運動と力(運動と力を測ること
  • 天上の運動 ほか)
  • 第2章 電磁気(静電気と静磁気
  • 電流 ほか)
  • 第3章 光とはなにか(エーテル
  • 光の微粒子説・波動説・光の速さ ほか)
  • 第4章 量子論(古典論の困難
  • 状態の不連続性・光の粒子性と遷移 ほか)
  • 第5章 原子核と素粒子(原子核の探究と原子力
  • 宇宙線・陽電子と中間子の発見 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理の歴史
著作者等 朝永 振一郎
書名ヨミ ブツリ ノ レキシ
書名別名 Butsuri no rekishi
シリーズ名 Math & science ト12-1
ちくま学芸文庫 ト12-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.4
ページ数 436p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09285-4
NCID BB01772189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21785984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想