鎌倉大仏の謎

塩澤寛樹 著

「古都のシンボル」鎌倉の大仏は、いつ、誰が、何のために、どのように造ったのか明らかになっていない。政治と宗教の関係、銅造以前に存在した木造大仏、倒壊を繰返した大仏殿など、文献と彫刻史の両面から謎に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鎌倉大仏をめぐる謎-プロローグ
  • 鎌倉大仏の形と表現(平安後期から鎌倉前期までの仏教彫刻史
  • 鎌倉の彫刻史 ほか)
  • 鎌倉大仏のあらまし(鎌倉大仏の基本データ
  • 鎌倉大仏に関する基本史料 ほか)
  • 大仏造立の真相に迫る(大仏は誰が、何のために造ったのか
  • 浄光上人と勧進 ほか)
  • 大仏の謎を追う(造立開始と完成時期
  • 鎌倉大仏はなぜ阿弥陀如来なのか ほか)
  • 大仏殿の建立とその後の大仏(姿をみせ始めた大仏殿
  • 大仏殿の宗派や信仰 ほか)
  • 大仏の時代-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉大仏の謎
著作者等 塩澤 寛樹
書名ヨミ カマクラ ダイブツ ノ ナゾ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 295
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.5
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05695-3
NCID BB0176581X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21755144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想