天国から締め出されたローマ法王の話

エラスムス 著 ; 木ノ脇悦郎 編訳/解説

対話編の傑作「天国から締め出されたユリウス」。併載「悪魔払い、あるいは幻影」。生前、政略と奢侈に明け暮れた法王ユリウス二世は、死んで天国の門まで辿り着いたが、門番ペテロに詰問され、とうとう天国に入れてもらえなかった…。欺瞞と狂信の横行した時代に真のキリスト教を擁護しようとしたユマニストの精神。訳者による周到な解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天国から締め出されたユリウス
  • 悪魔祓い、あるいは幻影

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天国から締め出されたローマ法王の話
著作者等 Erasmus, Desiderius
木ノ脇 悦郎
エラスムス
書名ヨミ テンゴク カラ シメダサレタ ローマ ホウオウ ノ ハナシ
書名別名 Tengoku kara shimedasareta roma hoo no hanashi
出版元 新教出版社
刊行年月 2010.4
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-400-32125-5
NCID BB01761808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21848652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想