文明の作法 : 初期近代イングランドにおける政治と社交

木村俊道 著

「文明」とは何か。「近代」とは何か。本書は、初期近代イングランドを中心に、政治思想史の観点から「文明の作法」の系譜を探る。宮廷社会を舞台とし、作法書や大陸旅行によって育まれ、外交交渉などの現場で実践される礼儀の共有によって成立する、洗練された政治と社交の世界。そこには、他者との交際や共存を可能にした「型」や「わざ」、そして、「近代」の視点からは見失われた「文明」の思想史の風景が広がっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 失われた「文明」
  • 第1章 宮廷の政治学
  • 第2章 作法書の世界
  • 第3章 政治教育としての大陸旅行
  • 第4章 外交の作法
  • 第5章 文明化された共和国
  • 第6章 チェスターフィールドの「世界」
  • 終章 「文明」の転位

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の作法 : 初期近代イングランドにおける政治と社交
著作者等 木村 俊道
書名ヨミ ブンメイ ノ サホウ : ショキ キンダイ イングランド ニ オケル セイジ ト シャコウ
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 86
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.4
ページ数 273, 50p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05631-6
NCID BB01730291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21749043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想