源平合戦の虚像を剥ぐ : 治承・寿永内乱史研究

川合康 著

屍を乗り越え進む坂東武者と文弱の平家公達-。我々がイメージする源平の角逐は、どこまで真実だったのか?「平家物語史観」に基づく通説に対し、テクストの精緻な読みと実証的な探究によって、鋭く修正をせまる。さらに、源平合戦の実像や中世民衆の動向、内乱の歴史的所産としての鎌倉幕府の成立過程までを鮮やかに解明した、中世史研究の名品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武士再考
  • 第2章 「弓馬の道」の実相
  • 第3章 源平の「総力戦」
  • 第4章 飢饉のなかの兵粮調達
  • 第5章 鎌倉幕府権力の形成
  • 第6章 奥州合戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源平合戦の虚像を剥ぐ : 治承・寿永内乱史研究
著作者等 川合 康
書名ヨミ ゲンペイ カッセン ノ キョゾウ オ ハグ : ジショウ ジュエイ ナイランシ ケンキュウ
シリーズ名 講談社学術文庫 1988
出版元 講談社
刊行年月 2010.4
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291988-3
NCID BB01725735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21751709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想