在宅死のすすめ : 生と死について考える14章

網野皓之 著

私たちが生きるために決して目をそらしてはならないのが死である。人生の終局においては、野生動物と同じように、人間も死を受容し死に場所を見つけようとする。死に向き合い、病院や施設ではなく、自分が生きてきた自分の家で穏やかに死の到来を待つこと。さらに、見送る家族も周りの者も満足することこそ、誰もが望む幸福な死のかたちであると説く一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 亡くなった患者さんたち
  • 家で死ねない理由
  • 在宅医療・在宅看取りにこだわる
  • 村の医療と都市の医療
  • 福祉施設の悲劇
  • 在宅医療を選択した人々
  • 地域の看取りとボランティア活動
  • 満足死
  • 安楽死
  • 安楽死を実行した医師の告白
  • 終末期における希望・意思
  • 死者と葬儀
  • 死についてのまとめ
  • 患者さんの生還を喜ぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅死のすすめ : 生と死について考える14章
著作者等 網野 皓之
書名ヨミ ザイタクシ ノ ススメ : セイ ト シ ニ ツイテ カンガエル 14ショウ
書名別名 Zaitakushi no susume
シリーズ名 幻冬舎ルネッサンス新書 014
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2010.2
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7790-6017-5
NCID BB01715196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21805355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想