太宰治の自伝的小説を読みひらく : 「思ひ出」から『人間失格』まで

松本和也 著

解き放たれる太宰治のポテンシャル。「自伝的」作品の新たな読みの地平。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自伝的受容の形成/虚構の物語の現出-「思ひ出」1
  • 第2章 テクストの場所-「思ひ出」2
  • 第3章 騙られる名前/"作家"の誕生-「断崖の錯覚」
  • 第4章 言語表現上の危機/批評-「HUMAN LOST」
  • 第5章 「私」の再起/表現の達成-『富嶽百景』
  • 第6章 旅人・翻訳・小説家-『津軽』
  • 第7章 「ヤケ酒の歴史」と/を"書くこと"-「十五年間」
  • 第8章 『人間失格』をめぐる本文生成-『人間失格』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太宰治の自伝的小説を読みひらく : 「思ひ出」から『人間失格』まで
著作者等 松本 和也
書名ヨミ ダザイ オサム ノ ジデンテキ ショウセツ オ ヨミヒラク : オモイデ カラ ニンゲン シッカク マデ
出版元 立教大学出版会 : 有斐閣
刊行年月 2010.3
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-901988-15-5
NCID BB01702015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21750500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想