女は男の指を見る

竹内久美子 著

本書で明かす事実その1「初対面で、女は男の顔よりも指を見る」。その2「ハゲの男は病気に強い」。その3「自分と違う免疫の型の持ち主ほど、匂いがいい」。その4「ピルは女の勘を鈍らせる」。その5「浮気で得をするのは女である」…数々の実験や最新データをもとに動物行動学で読み解く、「色気」「魅力」「相性」の正体。「遺伝子の企み」がここまでだったとは!次々常識が覆される高揚感あふれる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人類最大の発明と繁殖の掟
  • 第2章 女は男の指を見ている-Hox遺伝子の話
  • 第3章 ハゲの発するメッセージ-テストステロンの話
  • 第4章 「選ばれし者」を測ってみると-シンメトリーの話
  • 第5章 いい匂いは信じられる-HLAの話
  • 第6章 浮気をするほど美しい-浮気と精子競争の話
  • 第7章 日本人はあえて「幼い」-ネオテニーの話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女は男の指を見る
著作者等 竹内 久美子
書名ヨミ オンナ ワ オトコ ノ ユビ オ ミル
シリーズ名 新潮新書 358
出版元 新潮社
刊行年月 2010.4
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610358-2
NCID BB01700858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21751946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想