病院の世紀の理論

猪飼周平 著

現代人にとって常識となっている病院を中核とする医療が、20世紀という時代の産物であることを明らかにするとともに、歴史を俯瞰する視点からこれからの医療政策を長期的に展望する。近代日本の医療システムを歴史的・理論的に位置づける力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 病院の世紀という構想について
  • 第1章 病院の世紀の理論
  • 第2章 所有原理型医療システムの原型-明治期日本における開業医の形成
  • 第3章 専門医化する日本の医師-20世紀前半日本における医師のキャリア
  • 第4章 医療の社会化運動の時代-20世紀前半日本における医師の地理的分布
  • 第5章 開業医の経済的基盤と公共性-20世紀前半日本における開業医の病院経営
  • 第6章 病院の世紀の終焉-健康戦略の転換の時代
  • 第7章 治療のための病床-20世紀日本における病床の変遷
  • 第8章 医局制度の形成とその変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院の世紀の理論
著作者等 猪飼 周平
書名ヨミ ビョウイン ノ セイキ ノ リロン
書名別名 The Theory of the Hospital Century
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.3
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-17359-0
NCID BB01684693
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21754123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想