脳に効く「睡眠学」

宮崎総一郎 著

大学病院が研究している「睡眠」について、一般生活で役立つ知識を具体的な事例をもとに紹介する。たとえば、睡眠は脳内の記憶を整理し定着させる役目を担うが、では、効率的に記憶を脳に定着させるにはどうしたらいいか?これがわかれば「資格試験や英会話を学んだあとの眠り方」に応用できる。こうした、ビジネスや一般生活の場で役立つ睡眠知識を、科学的・医学的な実験データを基にわかりやすく解説していく。眠りの本質を理解すれば、生活の幅を広げることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 睡眠学の知恵とはなにか-脳と体に活力を与える睡眠の知識
  • 第1章 ビジネスシーンで役立つ睡眠の知識-明日の仕事で集中力を発揮するために
  • 第2章 日常生活を充実させる睡眠の知識-深い眠りと心地よい寝起きのために
  • 第3章 7つの習慣が眠りの質を高める-これまでの眠りに差をつけるために
  • 第4章 「眠りの病」に関する知識-病気の正体を知らずに苦しまないために
  • 終章 睡眠と社会-日本の発展、豊かさのための睡眠学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳に効く「睡眠学」
著作者等 宮崎 総一郎
書名ヨミ ノウ ニ キク スイミンガク
シリーズ名 角川SSC新書 095
出版元 角川SSコミュニケーションズ : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.3
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-731518-1
NCID BB01660786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21734189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想